2013年09月14日

あんもダゴ汁の作り方

「まめぶ汁」が人気であるが、残念ながら食したことがない。
ただ、まめぶを見ると「甘いものの入った汁物」という点でこれを思い出してしまうのだ。

「あんもダゴ汁」

熊本市内の北部に住んでいた頃、よく近所の人からいただいた。
大きなぎょうざのような団子の中にサツマイモの餡が入っている。
それを味噌汁に入れて食べるのだ。
少々手間がかかるため、多めに作っておすそわけしてくれる。
むかしは、芋のあんこを包むのは子供の仕事だったと聞いた。

たしかにあの地域では「あんもダゴ汁」と言ってたのだけど、残念ながら、ネットでその名前は見つからない。
「あんもちダゴ汁」という名前でいくつか出てきたが、多分同じもの。

以下は、思い出しながら作ってみたレシピです。

* いもあんを作る。

中程度のさつまいも2個に砂糖大さじ1と1/2,塩少々を入れて、水分を入れてレンジでチンして潰します。

IMG_2133.JPG

* それを包む

固めにこねた小麦粉で、餃子の皮のようなものを作る。好みもあるでしょうが、ふつうの餃子よりもひとまわりほど大きなものになってしまいます。

IMG_2134.JPG

* できあがった団子。中にさつまいもの餡が入ってます。一人分で2個ほどでしょうか?

IMG_2135.JPG

* ふつうのダゴ汁のように野菜をゆでる。
鶏肉、ごぼう、大根、人参、玉ねぎ、たけのこ、南関あげが入ってます。

IMG_2137.JPG

* みそを溶いてできあがり。
食べるときに、団子を入れてあたためます。

IMG_2138.JPG

最初に食べたときは、ぎょぎょぎょ!でした。
でも、あんこの甘さと味噌汁のしょっぱさがなかなかのハーモニーです。



人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。




posted by noyuki at 17:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック