2013年10月09日

三浦しをん 「政と源」 集英社





「まほろ駅前多田便利軒」が若い男たちの話なら「政と源」は年老いた男たちの話である。
え〜〜。何が言いたいかと言うと、「まほろ駅」レベルの期待満々で読んでいただいてぜんぜんオーケーだってことです。

主人公のひとり有田国政は定年後、妻に熟年別居されたさみしい一人暮らし。四角四面で甘え下手でプライド高い紳士。
もうひとりの主人公堀源二郎は家族にとうに先立たれた「つまみ簪職人」。禿頭の横に残った髪を赤や染めてしまうファンキーじじいである。

二人の住むのは江戸川区Y町。水路を舟で行き来しながら交流をあたためる二人であるが、これがまた一筋縄ではいかない短編ばかり。

そこに源二郎の弟子の徹平や、徹平の彼女のマミちゃん(髪を染めた張本人)、国政の妻、などを交えた人間模様が描かれているのだけど、三浦しをんさんのリアリティ、心の奥底まで見てきたような「はっきりとした描写」には本当に驚かされる。

戦災にあうということ。
ひとりぼっちで年を取るということ。
老齢で家族にさえも疎まれること。

それがどういうことなのか、ひとつひとつ身につまされ、そして、わたしたちは、また、ひとつひとつに救いを見出すことができる、これはそういう物語である。

いずれ年を取ることをおそれ、そこに何の希望も見いだせないならば、こういうふうに生きてみるのもいいかもしれない。
不自由、不都合もどんどん増えてくる世界でも、なんか、楽しそうではないか!わたしの老後!
と思える作品であります。

これ。映画よりか、テンポよくドラマで見てみたいですね。
キャストは誰? なんて考えるとほんとわくわくします。

あと、本編の挿絵のマンガも素晴らしい! これはどなたの作品でしょう?


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。


posted by noyuki at 15:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 見て、読んで、感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック