2014年08月03日

幸せは薄手のTシャツ

2014051517530001.jpg


朝起きて、早めの朝日を浴びて、今日のTシャツを選べるような日が幸せ。
もくもくの入道雲を映し込めるような薄手のペラペラのTシャツだったらなおさらだ。

好きな服を着ればいい。

自分の選ぶことに自信がなくなったときは、そうつぶやくようにしている。

自分の着たい服は、他の人が着たい服とも違うし。
似合っているとも限らない。
わたしらしくないと誰かが思っているかもしれない。
でも、違っているように思えたら、また着替えればいいだけのこと。

今日のTシャツを選ぶように、自分の気分にフィットすることを選べばいいだけのことなのだ。

いや、オトナなのでときどき世間のドレスコードに合わせることもある。
けれど、それでもわたしは変わらず選び続ける。
選び続けないと、迷子になってしまう気がして。

ときどき、それが気に食わなくて、自分の着る服を押し付けようとする人もいて。
それが続くと、沈黙したり野良犬になったりするけれど。
基本、わたしはずっと選び続ける。
空の眩しさで迷子にならないように。

あなたが何を着ていようと、何を脱ぎ捨てようとわたしはかまわない。
みんな着たい服を着ればいい。

夏のうすっぺらい服が大好きだ。
さて、今日はどのTシャツにしようか。



人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。

posted by noyuki at 21:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック