2017年04月30日

月尾島(ゲツビトウ)のさくら




ソメイヨシノはまだ。



「さくらはやっぱり月尾島(ゲツビトウ)よ。島のぐるりにさくらが植えてあってとてもきれいなのよ」
ベッドの上で麻子さんが言った。

「そこは仁川(ジンセン)から近いのですか?」
わたしは尋ねる。
わたしにとっては仁川は(インチョン)なんだけど、麻子さんは日本語風に(ジンセン)という。

「近いね。島だけど、歩いて渡っていける。その島のぐるりに桜を植えてあって、すごくきれいよ。みんなでそこに行って花見をするのよ」
「日本人も韓国人も?」
「そう。うちにいた韓国人もみんな。韓国人のお菓子とか持ってきてた」
「トックとか? 」
「名前はわからないけど、どれもおいしかったよ」

麻子さんの家は商売をやっていて、いろんな人が働いていた。
主人である麻子さんの父親に褒められるよう、雨が降ると小学校まで迎えにきてくれた。
チョンシギとかカクチョギとかそういう名前だったと思う。
ひとりは傘を持ち、もうひとりがおんぶしてくれた。
麻子さんは満鉄の駅の名前を順番に言える。
仁川、京城、とそらで。

わたしはスマホでウィキペディアを見る。

軍の基地があったようですね。そしてロシアもいて領土争いもあった。
もしかして桜は、日本であることを主張していたのかもしれないですね。

そうかもしれないけれど。それでも花見は楽しかったよ。

わたしは慰安婦問題まで持ち出す。そんなことはないよ、と麻子さんはきっぱりと言う。
どこかではあったのかもしれないけれど。

終戦になり、麻子さん近所の人の船で慌しく帰国する。
そのあたりで話はだんだん、もうあいまいになる。

大正生まれの麻子さんの記憶は、どこまでもクリアというわけではない。
だけど、わたしは、麻子さんから聞く韓国の話が好きだ。

仁川にあった柳の木や、可愛がられた記憶。
時代を見てきた人の話が好きだ。
資料や主張の中にある事実と違うかもしれないけれど。
幸せな記憶を麻子さんが何度も繰り返す、その話がとても好きだ。


ちなみに現在の月尾島(ウォルミド)のようすはこちらです(soulnaviより)



人気ブログランキングへ



posted by noyuki at 08:03| 福岡 | Comment(7) | TrackBack(0) | 詩とか短文とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

偶然、貴ブログにたどり着きました。
わたしも麻子さんのお話を聞いてみたいです。

いつまでもお元気でと御伝え願いますか。
「仁川(ジンセン)を想う会」
Posted by 井上浩一 at 2017年06月22日 10:21
コメントありがとうございます。

仁川女学校の話や、裕福な韓国人の家に招待され珍しいおごちそうをちょうだいした話。
麻子さんの話はとても楽しく、どこかで書き留めたいと思っていました。

麻子さんに伝えておきます。きっと喜ばれると思います。
Posted by のゆき at 2017年06月23日 11:03
のゆき様
メールを送りましたのでご確認ください。
Posted by 井上浩一 at 2017年08月01日 21:16
すみません、古い方のメアドだったようで、確認できませんでした。
お手数ですが、こちらに再送いただければ助かります。

今日、麻子さんと貴ブログの写真を確認しました。郵便局を見て、この右側の方に自宅があったと喜ばれました。
Posted by のゆき at 2017年08月07日 17:58
すみません、古い方のメアドだったようで、確認できませんでした。迷惑メールに入って削除してたみたいです。
コメント欄でやりとりしていただけると助かります。

今日、麻子さんと貴ブログの写真を確認しました。郵便局を見て、この右側の方に自宅があったと喜ばれました。
Posted by のゆき at 2017年08月07日 18:02
麻子さんが暮らしていたところは郵便局の近くだったんですね。実は6月下旬に「祖父が暮らした仁川」と題した小冊子を作りましたのでお送りしようと思っていました。住所など個人情報もあります。わたしのブログの問い合わせのところからご連絡くだされば、うれしいです。
Posted by 井上浩一 at 2017年08月10日 08:41
ああ、ありがとうございます。そうですね、井上さんのところの問い合わせ欄を利用すればいいですね。さっそく書かせていただきます。
Posted by のゆき at 2017年08月12日 13:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック